建築コラム

自然のたくましさ

ようこそ「建築カフェ」へ

 今から40年前頃に、「春秋の会」という文芸サークルを職場の若い連中と立ち上げ、同じ名称の同人誌でエセーやポエムやミステリーなどを書いて発表していた。

 年2回で、9号で廃刊状態。そしてその後「春秋」を再度発刊しようと話があり、月1度、昔からお世話になっている「喫茶店」で、同窓会を兼ねての雑談をしていた。ところが、その矢先、コロナである。

本当に、まいりました。あの頃の日常は、どこにいったのか。本当は、コーヒーでも飲みながら、自分のライフワークである土木や建築、まちづくりなどをテーマに書いてみようと、、、、、、、、、。

 そして欲を言えば、微力ながら地域社会への貢献を深めていきたい、と。

でも、現実には、コロナがあるが、そのことにめげずに、しかも私の好きな「にもかかわらず」という言葉もあるので、希望を捨てず、挑戦を続けていきたい、と思うのである。

   バロック音楽と建築(1)

  今でも思い出すのは、数少ない海外旅行のうちで、「イタリア」ほど、印象深いものはない。ファッションのミラノや歴史のローマ、アドリア海の真珠ベネチアなどそれぞれ素晴らしい特徴を持っているが、その中でも花の都フィレンツェは、特に好きである。(このことを書いてる時、世界的にコロナの時代に入っている。)

  文芸復興の発祥の地と言われメディチ家(薬屋)で有名な都市で、まちの中心部に堂々と佇む花の聖母寺(サンタマリア・ディオ・フィオーレ)の華麗なドームは、圧巻で素晴らしい。 当時のゲーテは、イタリアを北から南まで約2年間、旅をして、「イタリア紀行」を書いている。「建築は、凍った音楽である」という有名な言葉である。

  人間の造形物としてのルネサンスやバロック建築の素晴らしさ、芸術的分野の中でも、根源的で、造形的視点から最も遠く、非物質的存在である音楽との比較やその関係性を見事に表現している。

 物質的存在で視覚的である建築物、非物質的で聴覚的存在、しかも時間とともに流れ展開する音楽を。

  そこで、「凍った音楽」とはどうゆうものか、人に感動を与える建築(音楽)とは、私なりに好きな「バロック音楽」から探ってみよう。

  バロックの言葉の由来は、ポルトガル語のバロコ、「歪んだ真珠」からきていると言われている。ルネサンス時代の調和と安定に対して、情緒や感情を重視して、造形的には曲線など躍動感溢れる運動性に特徴がある。

  バロック音楽で最大の功労者は、やはりバッハであると思う。「チェンバロ協奏曲第5番」「G線上のアリア」など実に教会音楽中心に140曲以上作曲している。しかもG線上のアリアなどは、私の好きなイギリスのロックグループ、プロコル・ハルムの名曲、日本語名「青い影」に影響を与えている、と言われている。

  パッヘルベルの「カノン」は、ジャズに取り入れられ、ビバルディの「四季」は、相変わらずいつ聞いても素晴らしい。特に個人的には、疲れたあとで聞くと、心身ともに爽やかになるから不思議である。やはり我々の心を癒してくれる現代社会のある意味でのツールかも知れない。

  音楽と建築は、「目で聞く、聞いて見る」関係であって、いずれも人間に感動や生きる勇気を与えてくれる神からの贈り物かも知れない。

閑話休題

 今は、コロナ時代であるが、決して恐れず、「必ず始まりがあれば終わりもある。」という楽天的で、前進する心構えを持つ必要があると思う。想像することが、自由であるように。

 このエッセーは、コロナがある程度、収まったような状況で書いたが、今は、「コロナ渦」

であるので、複雑な気持ちでもある。ワクチンも一部世界では、すでに始まっている国もあるが、まだまだその効果も未知数であり、我が国は、いつごろから始まるのか、不安でもある。

とにかく、老人等は、ステイホーム、本や音楽などで、過ごしましょう。

 

コーヒーでも飲みながら、バロック音楽を聴きながら、皆様頑張りましょう・

 

 

 

 

 

飛鳥翔一

(山田茂)

 

 

新緑の中庭

吹き抜けのテラスより中庭

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0438-98-6244

Fax:0438-72-6245
E-mail:yac@jcom.home.ne.jp

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表者プロフィール

愛犬まんじろうと鬼怒川で
shigeru・ yamada
 
資格

一級土木施工管理技士
一級建築士
建築基準適合判定者(建築主事)
宅地建物取引士、住宅性能評価員

行政書士

業務経歴
千葉県木更津市都市部金田・岩根事業課長土木部木更津駅東口整備課長、都市部下水道建設課長、建築指導課長、(

千葉県立職業訓練校講師(法規)

都市計画課長、経済部産業立地課長、

土木部長、環境部長を経て、退職。

 その後、民間建築確認検査機関(ユーディアイ確認検査(株))で確認検査員、住宅性能評価員,瑕疵担保責任保険検査員などを経て独立。

 

 

ご連絡先はこちら

株式会社建築カフェ 
  一級建築士事務所 宅地建物取引業

お電話でのお問合せはこちら

0438-98-6244
住所

〒292-0043
千葉県木更津市東太田1-1-15
FAX:0438-72-6245
E-mail:yac@jcom.home.ne.jp
http://www.kenchikucafe.co.jp